2022年2月発売 マキタ 18V ジグソー JV184D ラインナップ拡充の中級機

この記事の価格表記は、2022年2月当時のものです。

目次

久々の18V ジグソー新製品

マキタの新製品18V ジグソーJV184Dが2022年2月発売された。

18V 充電式ジグソー JV184D

40Vmaxの新製品が続いていたマキタだが、久々の18Vの工具の新製品。18VジグソーとしてはJV182D以来8年ぶりとなる。

  • JV184DRG ¥56,800(税別) フルセット (BL1860B+充電器DC18RF+ケース)
  • JV184DZK ¥27,400(税別) 本体、ケースのみ

18Vジグソーはフルセットでなくてもケースが付く。

特徴

中級機ではあるが、ブラシレスモーターでスペック値もフラグシップ機と同等、ロックオンスイッチ、オービタル機能、スピード調整、ソフトノーロード、工具レスブレード交換と、必要な機能もすべて揃ったバランスのいいモデル。

ソフトノーロードは文面では分かりづらい機能だが、切断作業前はスイッチオン状態でも全力で動作しない機能。

マキタの既存のジグソー

マキタの18Vジグソーの比較対象はフラッグシップのJV182Dとなる。というか18Vジグソーは現行品ではJV182Dの1製品しかない。しかし、このJV182Dは価格が4万円台と下手な丸ノコより高い。

JV182D、JV184Dどちらもブラシレスモーターで、機能も同等。切断能力が少し劣るだけなので、よほど高性能のジグソーが必要ではない限り、今回のJV184Dで十分だろう。

マキタ 18V 充電式ジグソー JV182D

ジグソーは格安メーカーの製品が多く出回っているカテゴリーの製品。マキタでは低価格どころか中価格帯の18V製品もなかったので、マキタでなるべく安いものを選びたい場合、10.8Vかコード式のジグソーを選ぶ必要があった。今回のJV184Dでとりあえず中価格帯の製品が拡充された。

10.8V機JV103Dの18V版JV184D

スペック的にはフラッグシップ機のJV182Dの低価格版というよりは、10.8VのJV103Dの18V版といった製品となっている。

マキタ スライド式10.8V 充電式ジグソー JV103D

JV103Dも先述の機能はすべて揃っている上、JV184Dよりさらに低価格のため、10.8Vを所持している場合はこちらでも十分かもしれない。切断能力はさらに劣り、地味なポイントとしてはJV103Dは刃口板が付属しない。

ジグソー 刃口板 415524-7

刃口板は木材切断時の毛羽立ちを抑えるアタッチメント

フロントカフス24対応機

JV184DとJV103Dの共通点としてバッテリーの取り付け角度と、集塵機の接続に付属のフロントカフス24が必要な点がある。

このフロントカフス24は他の対応製品としては、216mm卓上スライド丸ノコLS005G、260mm丸ノコ HS011G、プランジ丸ノコSP001G、SP601Dとなっており、これらは主にUSA向けがメインの製品となっている。今回のジグソーもUSA向けに開発されたものなのかもしれない。

比較

スクロールできます
型番JV184DJV182DJV103DJV0600
発売時期2022-022014-012017-102011-08
標準価格¥27,400(税別)¥42,600(税別)¥22,100(税別)¥17,600(税別)
電源18V18Vスライド10.8VAC100V
モーターブラシレスブラシレスブラシレスブラシ付き
ストローク数0-3,000min-1800-3,500min-1800-3,000min-1500-3100min-1
ストローク23mm26mm23mm23mm
切断能力 木材135mm135mm90mm90mm
切断能力 軟鋼板10mm10mm10mm10mm
切断能力 アルミ20mm20mm20mm20mm
作業量合板445枚(6.0Ah)合板145枚(3.0Ah)合板68枚(1.5Ah)
重量2.3kg2.5kg1.8kg2.3kg
長さ259mm266mm237mm236mm
77mm77mm76mm77mm
高さ205mm208mm206mm199mm

マキタ製品で最も廉価なジグソーはコード式の製品となっている。JV0600の他にも4327、4329というさらに低価格製品もあるが、コストパフォーマンス的にJV0600がおすすめ。ただジグソーはコードレスの取り回しにもメリットがある製品。

雑感

2021年末頃から40Vmaxの新製品ラッシュが続くマキタ。18Vの工具はしばらく出ないものと思っていたところの、正統派ジグソーの投入。これは意外だった。

本文内でも述べた通り、18Vで手ごろな価格のジグソーがない点は気になっていたので、マキタもそこは意識していたということか。JV103Dの発売時期的に数年前に出せなかったのかとは思うが。

40Vmaxジグソーが発売されていない現状を差し置いて、18Vを拡充するとは思わなかったが、40Vmaxジグソーを発売した後に18Vジグソーに新製品が出たら、何やってんだ感は否めないので、そういった意味では40Vmaxジグソーの発売も近いのかもしれない。(根拠なし)

関連リンク

マキタ 18V 充電器、バッテリー

マキタ 10.8V(スライド式) 充電器、バッテリー

¥13,903 (2024/04/20 23:37時点 | Amazon調べ)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次